FC2ブログ

後ろ足が立ちません

ここ2週間で3件ほどこのタイトルのような症状の子が来院しました。みな犬種は、ミニチュアダックスフンドさんです。

神経の検査を行って、椎間板ヘルニアが怪しいと言う事で、オーナー様と相談し、内科的な治療で反応を見る子、外科を前提に、MRIによって診断をつける子様々ですが(状態に合わせて外科、内科どちらが優先的かは説明してます。)内科的な治療に反応が悪い子は、外科的な治療が必要になる事もあります。

今回二人は内科的な治療に反応がよかったのですが、一人の子はオーナー様と相談の上、MRIを撮影し、椎間板ヘルニアの診断がついたため、手術を行う事になりました。

写真は神経(脊髄)を圧迫していた椎間板物質です。1cmに満たない小さなものですが、(実際はもう少し細かいものがいくつもありましたが)このようなものが脊髄を圧迫する事により、後ろ足が立ちませんといった事になります。zuikaku _convert_20110922180014

ダックスさんで非常に多い病気ですから、上記のような症状が見られたらすぐに病院で見てもらう事をお勧めします。

deban0040_convert_20110815144851.jpg

お風呂上りスコちゃん。よもよもしてます。
今日は特にコメントなしだそうです。


スポンサーサイト

コメント

Secret

日々の治療ありがとうございます。

この度は、うちの子e-251が大変お世話になっております。

先生の元に訪れ。入院治療をお願いして早くもv-236まだv-2364日目。

入院初日は私自身、不安だらけで食事も喉を通らない状態でe-259考えたくも無い事を考えたり。

とにかく不安で押し潰されそうでしたe-452

入院治療を先生にお願いしてから2日目。

当初の検査結果から改善傾向に向かってます。

と、先生からの嬉しい一言に、安心と同時に…

先生に治療をお願いし本当に良かったと思い感謝の気持ちでいっぱいですe-267

入院3日目からは食欲も回復e-271

面会に行く度にうちの子の様子が良くなってるのを見ては安心の気持ちが強くなってきました。

ただ、そんな中にも拭い去れない不安な気持ちはあり…

その度に先生に質問攻めにしてしまい。

そんな時も嫌な顔を一切せずに丁寧に説明してくださる先生には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

まだ、暫くは入院治療をお願いし。

退院後には通院治療をお願いする事になります。

入院中の子の治療。

外来の子の診察等、多忙な日々をお過ごしだと思います。

先生が体調を崩さぬようご自愛ください。

ご挨拶までに、コメントをさせて頂きます。

リンク
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ